食後に起こる低血圧|アトピーに関しての症状やケア方法を知って改善しよう
女性

食後に起こる低血圧

女の人

食後低血圧と呼ばれる症状があり、食事をした後に立ちくらみやめまいがする方は注意が必要です。食後に低血圧になる時間帯は人によって異なりますが、多くの方が30分〜60分の間になる傾向がありますので、この時間帯は注意するようにしましょう。時間の経過と共に通常の血圧に戻り始めますので、食後低血圧と気付かない人が多いようです。めまいや立ちくらみで倒れる可能性があり、打撲や骨折などの別の症状が起こる可能性があるので侮れない症状となっています。発生するメカニズムとして。食後は腸の周りに血液が一同に介しますが、正常な状態であれば低血圧にならないように体が本能的に守ってくれます。何かしらの原因で、血液の流れに乱れが生じる事で低血圧となってしまい、体に不調を与える結果となってしまいます。

食後低血圧にならないようにするためには予防をする必要があります。特に注意すべき事は食べ過ぎる事であり、炭水化物を大量に摂取する事で発生しやすくなります。炭水化物は食事に多く含まれている事が多いですので、少なめにするように意識しましょう。また、ゆっくり食べるようにする事も大切な要因であり、急激に食べ物を胃に流し込まないようにする必要があります。早食いは内臓に負担をかける食べ方ですので辞めるようにしましょう。食後には十分な休憩時間を取るようにしましょう。食後一時間などは特に休憩する必要があり、食後の低血圧タイムを解消するのに大切な時間となっています。運動などをなるべく控えるようにし、読書などの体をあまり動かさない行動をする事で食後低血圧を防ぐ事が出来ます。対策を講じても改善出来ない場合は、病院に行って診断してもらう必要があります。早期治療でリスクを軽減する事が出来るので、改善出来ない場合はすぐに行くようにしましょう。また、そうならないためにも早めに予防をしておくことが重要です。低血圧の場合、血の巡りが悪いと言われているのでまずは血液をサラサラな状態にすることが大切といえるでしょう。最近は血流を良くするサプリメントが販売されているので、健康食品に頼って予防すると良いです。